【#003】遠藤真由美さん

FJTA会員紹介リレー、第3回の紹介は 遠藤真由美さんです。
それではよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

早速、質問させていただきます。
タンゴ歴は何年ですか?

うーん…気がつくともう15年以上経ちますでしょうか。

タンゴを始めたきっかけは何ですか?

4歳のときからクラッシックバレエを習っていて、ずっと「ダンサーになる」という夢を抱いてました。

小学校の高学年にもなると、男性と踊るパドドゥのレッスンもお稽古に組み込まれてきました。その時に初めて、ソロの踊りとは異なる2人で踊ることで広がる可能性や体現出来ることを知って、その深さに惹かれていきました。

なるほど、小さい頃からずっとダンサーになりたかったんですね。そして、ペアダンスへの興味もあった。

20歳で進路について真剣に考え始めた時、幼少の頃から変わらず踊りに対する情熱を持ち続けていることに改めて気づきました。さらにペアダンスの面白さや可能性について考えていると、アルゼンチンタンゴが思い浮かびました。

アルゼンチンタンゴはまさに私の理想のダンスでした。大胆なドレスに大好きなハイヒール、そして横顔の美しいダンス、タキシードの男性、シリアスで哀愁のあるバンドネオンの音色。

そんな経緯で憧れだったタンゴの道へ。恩師である五十嵐純子先生の元へ弟子入りしました。

おー、Shuheiさんと同じく、五十嵐純子先生のところで始められたのですね。
タンゴを「横顔の美しいダンス」と解釈するあたりがおもしろいです。

現在、タンゴについてどのような活動をされていますか?

日々のレッスンを母体として、パートナーと自主公演や自主開催のイベントを定期的におこなったり、ショーの仕事やミロンガデモをしています。

大好きなタンゴで仕事をしていること、仕事をいただいていることは本当に有難いことで、生きがいに感じています。
ご期待以上の踊りをしたいと思って切磋琢磨している日々です。

それから、アルゼンチンタンゴはこんなに素晴らしい踊りなんだよ、というのを自分達の踊りを通して感じてもらえたら最高に幸せです。

仕事で生きがいを感じられるというのは幸せなことですね。

少し話題を変えて、好きなオルケスタを教えてください。

んー… なんだかんだで Osvaldo Pugliese でしょうかね?
ミロンガで遊んでいる時、メロディー調の旋律の美しい曲がかかると踊りたくなっちゃいます♪

好きなタンゴの曲を教えてください。

Desencuentro ~ Roberto Goyeneche
 破滅的でドラマティックな展開がたまらない。

Solamente Ella
 グッとくる。

Cantemos Corazon
 好み。

うーん、なんとなくですが、真由美さんの好みがわかってきたような気がします。

ただ一つ補足すると、大好きな曲だからこれでデモしたい~と思ってその曲で練習し続けると、練習し過ぎてもうこの曲聞きたくない~~ってなっていっちゃうの!!
わかります、この心情?

うーん、私はそんなに練習しないカエルなので、本当にわかることはできないかもしれませんが、理想の高いダンサーの方はそういうこともあるんだろうなと思います。

それでは、尊敬するタンゴダンサーを教えてください。

尊敬するタンゴダンサー、素晴らしいと思うダンサーは挙げはじめたら正直きりがないほどいますね。
サロンなのかショーダンサーなのかでも違いますし、ダンサーの年代によってもだいぶ。講師やコーチとして秀でている方もいらっしゃいますしね。

ただ、物事をゼロから考案して創り上げる方って個人的にとても尊敬します。例えば振付師とか。ショーのディレクターとか。
ですので近年、自身のカンパニーで世界中で公演を行う Gernan Cornejo の活動や功績に大変注目しています。
舞台芸術としてのアルゼンチンタンゴの可能性を彼らはそのブレない情熱と確かな技術と革新的なアイデアで見せ続けてくれている気がします。エールを送りたいです。踊りの好みや好き嫌いは別として、ああいう外の世界で先鋭的に発信し続けられる方って本当に貴重な存在だと思っていますので。

なるほどー、IMMORTAL TANGO や Break the Tango ですよね。

真由美さんにとってタンゴの魅力は何ですか?

男女が向かい合って、抱擁を交わした時にそこには1つの世界観やドラマが生まれるわけで…それは2人にとって無限のものです。
本来、そこにはこうでなければいけない、こうしなきゃいけない制約なんてものは無いのかもしれませんね。
勿論、お稽古やレッスンの時はそうはいかないわけですが…
あと、踊りに対する追求に終わりがないところ!常に新しい発見があり新鮮ですね♡

アブラッソから生まれる世界観やドラマ、素敵ですね。

真由美さんにとってタンゴとは何ですか?

人生の師のような気がします。
ある時は厳しく、ある時は心を撃ち抜かれることもあり、ある時はスウィートに。
お調子者の私に、いつも謙虚さという心を忘れるなと教えてくれる気がします(笑)

お調子者の面もあるんですね(笑)

タンゴを踊る上で大切だと思うことは何ですか?

私、最近思うのです。タンゴは自由な踊りだ!と確かにその意見は一理あるのですが、自由な発想やオリジナリティの背景には、裏打ちされた確実な技術や知識が必要だと思ってます。そこにハートの部分が加わればタンゴを伝えていく私達の役目として充分な効力を発揮すると信じてます。

なるほど、大切なのは、技術・知識+ハートですね。

タンゴを踊っていて良かったなと思えるエピソードがあったら教えてください。

やはりいつまで経ってもタンゴに夢中で好きな事やらしてもらってますので精神的に豊かでいれますね。また、国籍、年齢、セクシャリティー、ステータス関係なしにお友達になれるというのも魅力ですね!

たしかに精神の豊かさは何にも代えられないですね。

今日はおもしろい話をありがとうございました。
好みの曲など真由美さんの意外な面を見れた気がしました。

紹介リレーのバトンを渡す方はどなたにしますか?

マルチに活躍される大ベテランのダンサー、ヨシ矢野先生にお願いしたいですv(^_^)v

わかりました。依頼してみます。
本日はありがとうございました。

補足:この記事は2020年1月に取材しました。


Mayumi & Araki の情報

ホームページ

facebook


閲覧ありがとうございました。