【#006】小口高志さん

FJTA会員紹介リレー、第6回の紹介は 小口高志さんです。
高志さんは、2019年タンゴダンスアジア選手権 ステージ部門のチャンピオンでもあります。
それではよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

早速、質問させていただきます。
タンゴ歴は何年ですか?

15年です。

タンゴを始めたきっかけは何ですか?

会社勤めをしていましたが、一度しかない人生、やりたいことをやろうと決め、退職して銀座の小林太平&江口祐子先生のスタジオに入門しました。

幼少期にどこかで見たアルゼンチンタンゴの映像の記憶が自分の中に残っていて、その踊りを極めたいという思いが強くなり、この道を選びました。

おー、小林太平&江口祐子先生のところで始められたのですね。
会社を辞めてタンゴの道に進むのはけっこう勇気のいることでしょうね。

現在、タンゴについてどのような活動をされていますか?

普段は自分のスタジオ『El Recodo』でレッスンをしています。
それからショー、デモ、コンサートへの出演、年に一回発表会の主催をしています。

スタジオ運営、イベント出演、主催とアクティブに活動されているわけですね。

タンゴにおける得意分野は何ですか? 

得意分野ではないかもしれませんが、細かな足技が好きです。

細かな足技、いいですよね。
魅力的な動きもあれば、神業のような動きもありますよね。

話題を少し変えて、好きなオルケスタを教えてください。

Osvaldo Pugliese 楽団
Carlos Di Sarli 楽団
Juan D’Arienzo 楽団

好きなタンゴの曲を教えてください。

Gallo Ciego – Osvaldo Pugliese
Don Agustin Bardi – Osvaldo Pugliese
El Recodo – Tango×2

うーん、高志さんの好みが少しわかるような気がします。
『El Recodo』は高志さんのスタジオの名前にもなっていますね。

好きなワルツの曲を教えてください。

El Viejo Vals – Enrique Campos & Floreal Ruiz & Orquesta Francisco Rotundo
Paisaje – Pedro Laurenz
Desde El Alma – Osvaldo Pugliese

この流れで Pedro Laurenz の『Paisaje』が入ってくるのが私的には素敵だと思います。

好きなミロンガの曲を教えてください。

Silueta Porteña – Hector Varela
Campo Afuera – Edgardo Donato
Reliquias Porteñas – Francisco Canaro

難しい質問だと思いますが、尊敬するタンゴダンサーを教えてください。

尊敬するダンサーは沢山いますが、敢えて一人挙げるとしたら ミゲル・アンヘル・ソット です。
タンゴを習い始めた頃、先生から借りたビデオでミゲルの踊りを観て感動しました。
会社から帰ってきてから、何回も何回もリピートして観ていました。夢を与えてくれたダンサーです。

なるほどー。タンゴダンスの歴史に名を残すことは言うまでもないですし、あの足技は神業ですよね。
高志さんの「細かな足技が好き」ともつながりますね。

高志さんにとってタンゴの魅力は何ですか?

タンゴのステップやアドルノそのものに魅力を感じます。
抱擁したまま踊るので、自由が足(脚)に限定されます。だからこそ美しい踊りだと感じます。

深いですね。片方を制限しているからこそ、もう片方の自由が生きてくるという逆説的なあれですね。
話は少しそれますが、ショーイベントなどでダンサーの足が見えにくい位置からショーを見ると、上手いダンサーほど上半身が静かなので、足がどう動いているのかまったくわからず、残念な時間になってしまうという経験が何度かあります(笑)

それはタンゴあるあるですね(笑)

抽象的な質問ですが、高志さんにとってタンゴとは何ですか?

人生の教師です。

たしかにタンゴを通して学ぶことは多いですよね。
タンゴを踊る上で大切だと思うことは何ですか? 

生きる上で大切な事と同じだと思います。そこにとても深い繋がりを感じます。

なるほどー、とても端的な言葉ですが、核心を突いている気がします。
よいタンゴを踊るためにすべきことがわかる気がします。

タンゴを踊っていて良かったなと思うことは何ですか?

沢山の素晴らしい人達に出会えたことです。
僕の人生は想像していた以上に豊かなものになっています(笑)
出会えた皆さんに感謝しています。

高志さんの言葉には謙虚さがありますね。
人への感謝の気持ちは大事ですよね。

今日は、高志さんのタンゴの美しさへのこだわりが垣間見えておもしろかったです。ありがとうございました。
紹介リレーのバトンを渡す方はどなたにしますか?

仕事だけでなく、普段から仲良くしているTOKI先生にバトンを渡したいと思います。

わかりました。依頼してみます。
本日はありがとうございました。